正しい姿勢をすることで体の不調を改善できます。

冷え性を改善して健康な暮らしを送る

体の不調改善

温活で身体の不調を緩和する。

風邪などの身体の不調がないとなかなか自分の熱を計る習慣がある人はないと思います。 身体に良いと言われる平熱は、36度後半から37度前半と言われています。 想像しているよりも高い体温だと思います。ところが最近では36度に届かない35度台の平熱の人が多くいます。 人は朝が平熱が最も低いと言われていますが、体温の低い人は朝に34度台の人もおり、36度に平熱が満たない人は低体温症と言われています。 低体温は身体に悪影響を及ぼします。体温が1度下がると免疫力が30%下がります。 低体温の身体は普段の生活を見つめ直す事で改善する事が出来ます。 最近では「温活」という活動で平熱を上げる事を生活に取り入れている人が多くいます。

生活習慣を見直してみる。

温活と言うのはまず身体を温める事が大切です。 熱が出た時に身体を冷やす様に、身体の熱を上げる為に身体を温めます。温活は特に身体の外からと中からと温める必要があります。 1年を通してお風呂に入る際はシャワーだけでなく、浴槽にお湯を張ってお風呂につかる事は大切です。半身浴で身体の血流を良くする事も大切ですし、足湯で下半身を温める事も大切です。 またせっかく身体を外から温める習慣が出来ても、飲み物を冷たい物を摂取すると一気に身体を冷やしてしまいます。 少し生活習慣を見直すだけで簡単に温活という物は生活に取り入れる事が出来ます。温活を続ける事で身体の不調を改善する事が出来て、身体は軽くなります。 平熱が低い人はぜひ温活がお薦めです。